山崎法律事務所ブログ

2013年1月 9日 水曜日

夜の街

今日は,弁護士のグループの信念かがありました。
タクシーの運転手さんによると,近頃は忙しいそうです。
景気が悪いときには,夜の街は閑散としていますし,もちろんタクシーの客待ちの行列だけが長くなります。
タクシーの利用状況や夜の街の賑わいは,契機の状況を占う指標になると思います。
熊本の,最近の夜の街は,賑わいを取り戻しつつあると思います。
そして,夜の街に落ちたお金は世間を渡り歩きやすいように思います。
この賑わいを熊本の景気回復につなげていきたいもですね。

記事URL

2013年1月 5日 土曜日

安倍内閣は期待を裏切るべからず

昨日の東京株式市場の大発会では,日経平均株価の終値が前年末終値比292円93銭高の1万0688円11銭,終値としては大震災前の平成23年3月4日以来の1年10カ月ぶりの高値水準となりました。
これは,米国の「財政のか部」が回避されたことも大きな要因になったことでしょうが,第二次安倍内閣に対する経済界の期待の表れといえましょう。
安倍晋三総理大臣は,同じ昨日,伊勢神宮参拝を終えて記者会見をし,経済復興についてロケットスタートを明言し,さらに,平成25年1月2日にお話しした金融円滑化法期限切れ後の「地方中小企業支援」などの経済政策に対する市場の期待の表れといえます。
第二次安倍内閣は,このような市場の期待を裏切らないでいてもらいたい者です。

記事URL

2013年1月 2日 水曜日

地方中小企業支援

政府が,今年4月発足を目途に,地方の中小企業を重点的に支援する機構の設立を検討しているそうです。
今年3月には,金融円滑化方が期限切れを迎えます。
これに不安を抱いている中小企業の社長様も多いことでしょう。
そもそも金融円滑化法は,金融機関に対する返済を猶予している間に,景気浮揚策を実施し,これにより企業収益を上げさせ,猶予期間終了後には速やかに返済をさせようという政策でした。
しかし,景気浮揚策は,企業家が喜ぶような政策をしなければいけませんが,左派を内包する民主党政権では,景気浮揚策を立案,実施するにも限界があったように思います。
他方で,景気浮揚策が効果を上げるには6か月程度以上の長生きかんでみるべきです。
昨年末に成立した自民党政権における景気浮揚策が,金融円滑化法の期限切れに間に合うことは無理でしょう。
そのような中で,地方の中小企業を重点的に支援する機構の設立は,熊本の中小企業の社長様にとっても朗報といえるないように仕上げてもらいたいものです。

記事URL

2013年1月 1日 火曜日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
さて,九州における今年の経済予測について,①平成26年4月に予定されている消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要が期待される,②団塊の世代が65歳以上の年齢層に入りシニア市場が拡大する,③アメリカや中国の経済の回復で輸出が支えられる,④中国との関係悪化の影響については回復の兆しを見せる,⑤電気料金の値上げについても工場の海外移転などの極端な影響は少ないことから,4年連続のプラス成長になるとの予想があるようです。
今年がみなさまにとって良い年になりますように祈念します。
本年もよろしくお願い申し上げます。

記事URL

初回相談無料です


大きな地図で見る
■所在地:
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
■最寄駅:
熊本市電「水道町」駅から徒歩3分
■営業時間:9:30~17:00
■定休日:土・日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら