ホーム > 産業廃棄物

産業廃棄物

産廃業の法律問題

産廃業の法律問題 産業廃棄物処理業とは

「産業廃棄物処理業」とは、「産業廃棄物収集運搬業」と「産業廃棄物処分業(産業廃棄物中間処理業及び産業廃棄物最終処分業)」を含みます。

産業廃棄物処理業と行政処分の状況

産業廃棄物業界を巡る規制は、今もどんどん厳しくなる傾向にあります。環境省は、平成22年11月に発表した「平成19年度産業廃棄物処理施設の設置、産業 廃棄物処理業の許可等に関する状況」によると、許可の取消や事業の一部停止などの行政処分は771件にのぼっています。

法改正も頻繁に行われており、平成23年4月に施行される改正廃棄物処理法でも大きな変更点が出ていますので、常に最新の法規制の情報を仕入れることが重要です。

また、行政処分については、各自治体によって対応が異なる現実があり、ある自治体では許可取消とならない案件が、別の自治体では許可が取り消されてしまうこともありますので注意が必要です。

行政処分の適用について

行政処分には、改善命令、措置命令、事業の停止、許可の取り消しが挙げられます。

改善命令

廃棄物処理基準・廃棄物保管基準に適合しない場合に出されます。
例)産業廃棄物の保管場所における保管量が産業廃棄物処理基準に適合しない

措置命令

生活環境の保全上の障が生じ、又は生ずるおそれがあると認められる場合、措置命令の対象となり得ます。措置命令が出されるか、それとも改善命令が出されるかの違いは、平たく言いますと、具体的な危険が発生しているかどうかによります。

事業の停止or 許可の取消

「違反行為をしたとき、又は他人に対して違反行為をすることを要求し、依頼し、若しくは唆し、若しくは他人が違反行為をすることを助けたとき」に該当すれば、事業の停止の対象にも、許可の取消の対象にもなり得ます。

例)排出事業者の承諾もないまま、産業廃棄物の収集運搬業務を再委託した

事 業の停止ではなくて、許可の取り消しとされるのは情状が特に重い場合です。「情状が特に重い時」とは、無許可営業、委託基準違反、改善命令違反、措置命令 違反等の場合です。繰り返しになりますが、どういう場合に事業の停止となって、またはどういう場合に許可が取り消されるかは自治体によって基準が異なるこ とがございますので、ご注意ください。

欠格要件

欠格要件とは、産業廃棄物処理業の許可申請をしても、許可してもらえない条件のことです。
また許可のある会社で、欠格要件が該当した場合には、許可取消となります。

欠格要件は以下の通りです。

役員、株主、出資者などの中に

暴力団員又は暴力団員を辞めてから5年を経過していない人がいる

暴力団員が法人の事業活動を支配している

成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない人がいる

禁錮、懲役に処せられ、その執行が終了してから又は執行を受けなくなってから、5年が経過しない人がいる

「廃棄物処理法」、「浄化槽法」、「刑法の一部の規定」等に違反することにより、罰金に処せられ、その執行を終わってから、又は執行を受けることがなくなってから、5年を経過しない人がいる

「廃棄物処理法」、「浄化槽法」に違反し、許可を取り消されてから5年を経過していない人がいる(法人の場合、取消しの処分に関する行政手続法上の通知から、60日前以内に、その法人の役員等であった人がおり、その取消しの日から5年を経過していない)

過去に許可を受けていたが、「廃棄物処理法」又は「浄化槽法」 の許可の取り消し処分の通知を受けてから、取消し処分を受けるまでの間に、「廃業届(廃止届)」を提出し、それから5年を経過していない人がいる

初回相談無料です


大きな地図で見る
■所在地:
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
■最寄駅:
熊本市電「水道町」駅から徒歩3分
■営業時間:9:30~17:00
■定休日:土・日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら